鉄分の含まれているローヤルゼリー

女性に起こりやすい貧血。そもそも貧血とはどういうものなのでしょうか。
貧血とは、血中ヘモグロビン濃度や赤血球の数が基準値よりも低い状態のことです。
血中ヘモグロビン濃度(Hb)の基準値は、成人男性が13.5~17.0g/dl、成人女性が11.5~15.0g/dl。
赤血球数(RBC)の基準値は、成人男性が410~530万/mm3、成人女性が380~480万/mm3です。
これらの基準値を下回ると貧血と考えられます。

体内から鉄分が不足すると、酸素運搬作用があるヘモグロビンが不足します。これにより、心臓や肺が少しでも酸素を体中に送ろうと激しく働くので、動悸や息切れが起こりやすくなるのです。

鉄分が不足する原因は、鉄分不足と出血の二つです。偏食やダイエット、月経や分娩などによって鉄分が不足してしまいます。
不足した鉄分を補うためには、バランスのとれた食事をとること。そして、併せてお勧めしたいものがローヤルゼリーです。

ローヤルゼリーとは自然由来の健康食品。働きバチが花蜜などを材料にして体内で合成した分泌物です。ローヤルゼリーには鉄分だけではなく、様々な栄養素がたくさん含まれています。

「鉄分不足を解消するなら鉄分サプリを摂れば良いのではないか」と思う方もいらっしゃると思います。
鉄分不足を解消するためにローヤルゼリーをお勧めする理由が二つあるのでご紹介します。

まずは、ローヤルゼリーに含まれる鉄分以外の栄養素です。
ローヤルゼリーにはアミノ酸がたくさん含まれています。アミノ酸はヘモグロビンや赤血球をつくるために必要な栄養素です。
このようにローヤルゼリーにはいろいろな栄養成分が含まれているので、複合的なサポートによって鉄分不足だけではなく様々な体の不調を改善することができるのです。

二つ目は、ローヤルゼリーに含まれる鉄分の量です。
上で述べたようにローヤルゼリーには様々な栄養成分が含まれており、鉄分だけ特別多く含まれているわけではありません。ですから、鉄分の過剰摂取を防ぐことができます。

このようにローヤルゼリーを摂れば体に負担をかけることなく鉄分不足を解消することができるのです。

それでは最後に、ローヤルゼリーを摂取するうえで気をつけていただきたいことがあるのでご紹介します。
まずは、ローヤルゼリーを摂取できない方についてです。
ローヤルゼリーには数多くの栄養素が含まれているのでアレルギー反応が起きやすくなります。食物アレルギー、蜂アレルギー、喘息をお持ちの方、そして血液凝固阻止剤を服用中の方は、重大な副作用が起こる可能性があるので摂取を避けてください。

続いて、ローヤルゼリーを摂るときの飲み物です。
ローヤルゼリーはできるだけ水で飲むようにしましょう。
ローヤルゼリーに含まれる鉄分はお茶に含まれるタンニンという成分によって、吸収を妨げられてしまいます。

正しい知識を持って、ローヤルゼリーを摂るようにしてくださいね。

© 2018 ローヤルゼリーについて知っておきたいこと