国産ローヤルゼリーのチカラ

ローヤルゼリーは健康食品の中でも常に人気の商品です。
ローヤルゼリーとは働きバチが体内で合成する乳白色の物質で、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどをバランスよく含んでいます。

ところで、ローヤルゼリーの産地はどこなのでしょうか。
市場で出回っているほとんどのローヤルゼリーが中国産です。中国産以外の海外産ローヤルゼリーは台湾、タイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランドのものになります。
純粋な国産ローヤルゼリーは年々採取量が減少しており、現在はとても希少なものです。

それでも根強い人気がある国産ローヤルゼリー。
国産ローヤルゼリーを選ぶメリットが二つあるのでご紹介しましょう。

まず一つ目は、品質や鮮度です。
日本は健康な花が育つ土壌が整っており、大気汚染も問題のないレベルです。
ですから、良質なローヤルゼリーが作られやすくなります。
また、ローヤルゼリーを購入する際に、国産のものを選ぶと海外産よりも鮮度の高い商品を購入できます。鮮度が高い=栄養価が高いローヤルゼリーということになるので、健康効果を実感しやすくなります。

三つ目は、安全性です。
国産ローヤルゼリーということで、販売元は国内メーカーになります。
国内のどのような地域で採れたローヤルゼリーなのか、製造方法や検査体制など販売メーカーに問い合わせやすいので、安心して飲むことができます。

このように国産ローヤルゼリーを選ぶメリットはたくさんありますが、デメリットもあります。
それは価格です。先に述べたように国産ローヤルゼリーは大変希少なので、高価格なものが多いのです。
近年の健康ブームの影響で安全性の高い国産ローヤルゼリーを求める方が増加している一方で、ローヤルゼリーの採取量は年々減少しています。ですから、これからますます国産ローヤルゼリーの価格が高くなることが予想されます。

それでも健康には変えられないという方には、やはり栄養価が高く鮮度の高い国産ローヤルゼリーがお勧めです。

© 2018 ローヤルゼリーについて知っておきたいこと