賞味期限は?

ローヤルゼリーとは非常に多くの種類の栄養素が含まれている健康食です。
ローヤルゼリーは生活習慣病予防、更年期障害改善、ストレス緩和、アンチエイジングなど様々な健康&美容効果があります。

ローヤルゼリーは採れたてのローヤルゼリーから不純物を取り除いた生ローヤルゼリー、生ローヤルゼリーを乾燥させた乾燥ローヤルゼリーの二つの種類に分けることができます。
生ローヤルゼリーは新鮮なので栄養成分が豊富に含まれているのですが、劣化しやすいという欠点があります。
一方、乾燥ローヤルゼリーは生ローヤルゼリーと比べて栄養面でやや劣りますが、劣化しにくいです。

生ローヤルゼリーと乾燥ローヤルゼリーは賞味期限が異なります。
生ローヤルゼリーの賞味期限は商品にもよりますが、冷蔵で一年もちます。生ローヤルゼリーは劣化しやすいので、基本的に冷蔵保存になります。
生ローヤルゼリーをすぐには食べないという場合には、冷凍保存がお勧めです。冷凍保存の場合、三年ほどもちます。

乾燥ローヤルゼリーの賞味期限は、常温保存で一年以上もちます。常温保存の場合は高温多湿の場所は避けてください。

生ローヤルゼリーも乾燥ローヤルゼリーも賞味期限内であっても、保存状態によっては品質が劣化してしまうことがあります。
ローヤルゼリーを保存するときのポイントをご紹介します。

まずは先ほども述べましたが、高温多湿の場所は避けてください。
特に夏場は注意しましょう。乾燥ローヤルゼリーは常温での保存ができますが、車の中に放置したり、バッグの中に入れっぱなしにしておくと劣化するので注意してください。

ローヤルゼリーを開封するときには、できるだけ早くフタを閉めましょう。特に生ローヤルゼリーは成分が酸化しやすいので、フタの開け閉めは素早くすることをお勧めします。

また、生ローヤルゼリーをすくうときには金属のスプーンを使わないようにしましょう。金属とローヤルゼリーの成分が化学反応を起こし、栄養価が壊れてしまう可能性があります。生ローヤルゼリーをすくうときには商品の付属スプーンかプラスチックのスプーンを使うようにしましょう。

ご紹介したポイントを押さえて保存をすることで、ローヤルゼリーの劣化スピードを遅らせることができます。
ローヤルゼリーは栄養価が高いですが劣化しやすい食品です。定められた期限内に摂るようにしましょう。

© 2018 ローヤルゼリーについて知っておきたいこと