更年期障害を改善をローヤルゼリーで

四十代後半になると気になることが更年期障害です。
女性は四十歳を過ぎた頃から卵巣機能が低下し始めます。これに伴って、卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲンの分泌量も減少します。
この結果、体内のホルモンバランスが乱れ自律神経の調節も乱れることによって、冷え・のぼせ・ほてりなどの不調が現れるのです。
このような不調を更年期障害といいます。

更年期障害の現れ方には個人差があり、生活環境や本人の性格や体質によって左右されます。症状が軽い方もいれば、数年間続くケースもあるのです。

身体的&精神的不調が続くと、気が滅入ってしまいますよね。
薬に頼らずにできるだけ早く更年期障害を改善したいという方にお勧めのものがローヤルゼリーです。

ローヤルゼリーとは、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養成分がバランスよく豊富に含まれている健康食品です。
ローヤルゼリーに含まれている成分の中で更年期障害改善に効果がある成分が、デセン酸とアセチルコリンです。

それぞれの成分について簡単に説明します。
デセン酸は自然の中で唯一ローヤルゼリーにだけ含まれている特有成分です。
デセン酸は体内に入るとエストロゲンと同じ作用をします。分泌量が減少したエストロゲンの代わりにデセン酸が体内で働くので、ホルモンバランスが整い更年期障害を改善することができるのです。

アセチルコリンは、副交感神経や運動神経の末端から放出される神経伝達物質です。
アセチルコリンは自律神経を調整する作用があるので、ホルモンバランスの乱れによって生じた自律神経の乱れを整えることができます。

このようにローヤルゼリーには更年期障害に効果的な成分が含まれているので、継続して摂ることで不調を改善することができるのです。

ただし、ローヤルゼリーは薬ではないので即効性がありません。
ですからバランスのとれた食事や適度な運動などと併せて摂ることで、効果を実感しやすくなります。

また、症状の改善が見られない場合には重大な病気が原因である可能性もあるので、病院を受診するようにしましょう。
更年期障害を予防・改善したい方はローヤルゼリーをぜひお試しください。

[出典]

ローヤルゼリーと更年期障害
http://www.palewise.com/3.html
更年期障害の改善をローヤルゼリーで
http://www.wtburadio.com/user.php
ローヤルゼリーでホルモンバランスを整えよう
http://www.villevoiceeats.com/10.html

© 2018 ローヤルゼリーについて知っておきたいこと